HOME 会社案内コンプライアンスポリシー

コンプライアンスポリシー Compliance Policy

エムエス機器株式会社コンプライアンスポリシー

制定 2016年1月5日

エムエス機器株式会社におけるコンプライアンス

当社におけるコンプライアンスは、法律、規制等の遵守に留まらず、社会規範の遵守、 更には企業・社会人としての倫理的行動をも含むものである。


エムエス機器株式会社におけるコンプライアンスの推進

当社は、次の方針に則り、コンプライアンスを誠実に推進する。

1. 当社は、社会から尊敬される会社となることを目指す。
2. その構成員たる当社の従業員も倫理的に適切な行動を取る。


ポリシー宣言

本ポリシーは、以下に掲げる5つの柱から構成される。

1. 法令遵守
当社は、企業経営および事業活動に関わるすべての法令を遵守する。

2. 品質の確保
当社は、その製品およびそれに付随するサービスの品質を確保するために、国際的に通用する品質基準、管理規則、手順書を策定し、遵守する。

3. 公正な取引・競争
当社は、企業経営および事業活動において、顧客およびその他の取引先と適正な取引を行うとともに、競争関係にある企業等と公正な競争を行う。

4. 情報の適切な取扱い
当社は、情報が重要な経営資源であることを認識し、自らが保有する情報だけではなく、他者の情報についても適切に取り扱う。

5. 健全な職場環境の確保
当社は、当社の従業員の人権および多様性を尊重し、あらゆる方法で差別を排除し、当社の従業員が職務を果たすために適した職場環境を提供する。


コンプライアンス推進体制

当社は、代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を中心に、管理部に「コンプライアンス委員会事務局」を置き、全部門でコンプライアンスを推進する。 具体的には次のような活動に取り組む。

1. 管理部長が務める「コンプライアンス責任者」と、これを補佐する「コンプライアンス推進者」を各部門におき、全社的なコンプライアンス徹底を図る。

2. 「コンプライアンス委員会事務局」は、当社全体のコンプライアンス推進施策の立案に加え、各部門の推進活動における支援機能の役割を担い、役員および当社全従業員を対象としたコンプライアンス教育の実施・支援を実施する。また、その結果については、適宜社内へフィードバックする。

3. 内部通報制度として、社内通報窓口を設置し、本制度の周知・徹底を図り、不祥事の早期発見および未然防止、再発防止に努める。

4. 情報セキュリティポリシーに基づき情報マネジメント体制を構築し、情報資産を管理する。 また、個人情報保護に関しては、プライバシーポリシーの制定、個人情報の利用目的の公表、個人情報に関する相談・苦情専用窓口の設置、個人情報を取り扱う従業員の教育など、個人情報の適正利用と漏洩防止に向けさまざまな対策を講じる。

5. 当社は、自社を取り巻く腐敗行為・贈収賄防止に関する社会的状況や法令等の施行状況を考慮し、腐敗行為・贈収賄防止ポリシーを制定し、順守する。


このぺージの先頭へ戻る