多糖類分析カラム(Glycomix™) Sepax Glycomix series

SAX separation for Glycan, Heparin

セパックステクノロジーズ社の Glycomix シリーズは、ヘパリンなどの多糖類分析用にデザインされた樹脂で、収束した粒度分布を持つ親水性ポリマーコアに、強アニオン交換基として第4級アンモニウムを化学結合させた構造となっています。

■ 高い交換容量、高い分離能
■ 高いロット間再現性
■ ポリマー樹脂系ならではの広い pH レンジ(pH2 - 12)
■ 分析から分取スケールまで対応
■ ヘパリン、グリカンの分析に最適 。

高いロット間再現性

よくコントロールされた樹脂製造工程と表面処理により、Glycomix 樹脂はロット間で高い再現性を示します。 ヘパリンの分離例では、バッチ間の変動はリテンションタイムで 1%未満、ピーク面積値で 5% 未満となっています。

長寿命カラム

強アニオン交換カラム Glycomix SAX は、樹脂表面処理ケミストリーと安定した製造プロセスにより、長寿命を誇ります。 下図は、繰り返しインジェクションでのカラムパフォーマンスを示したものです。 35回以上に亘って一貫性のある結果を得ています。

アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る