カーボハイドレートカラム(Carbomix®) Sepax Carbohydrate (Carbomix) series

Carbohydrate Separation

Carbomix シリーズは、糖や有機酸などの分離専用にデザインされた樹脂で、低架橋度 PS/DVB の表面スルホン酸(-SO3H)基に Ca、Pb、Na、K がキレートした構造となっています。 収束した粒度分布を持ち、移動相中で適度に膨潤する低架橋度ゲルの効果により、特に高温下で性能を発揮します。 この膨潤効果は、表面積、浸透性、キャパシティ、選択性、イオン強度におけるレスポンスなどを最適化します。 「樹脂の架橋度」 は低いほどポア構造が多く、より高分子の物質を浸透させるため、オリゴ糖などの分離に適しています。 分離メカニズムは、糖類や有機酸とのイオン交換的および親水的相互作用にあります。 さらに、分子ふるい、イオン排除、配位子交換のメカニズムが含まれます。 これらの複合モードにより、各種水溶性化合物に対し独自の分離能を持っています。 

リガンド 粒 径 結合相(Stationary Phase) 架橋度 pH安定性
Carbomix Ca-NP Non-porous 5µm / 10µm -(SO3)2-Ca2+ 5% / 8% / 10% 5 - 9
Carbomix H-NP Non-porous 5µm / 10µm -SO3H 5% / 8% / 10% 1 - 3

Carbomix は、糖、有機酸など、水溶性の有機化合物用のカラムです。
低架橋度(5,8,10%)ポリスチレンジビニルベンゼン(PS/DVB)ベースで、Carbomix H-NPのスルホン酸(-SO3H)を基本に、各種金属イオンキレートCa2+、Pb2+、K+、Na+が揃っています。
粒子径は、5um、10umの2種類です。

Retention table

ロット再現性

再現性

堅牢性(Galactitol 300 injection)

カラム長さの違いによるプロファイル

Carbomix Ca-NP5 (5 um, 架橋度8 %)によるオレンジジュー中の糖のプロファイル(Sucrose, Glucose, Fructose)

アプリケーション

Carbomix Na-NP10による糖類の分離 (Stachyose, Cellobiose, Fructose, Arabinose, Ribose)

糖アルコールの分離 (Maltitol, Erythritol, Mannitol, Galactitol)

アルコールの分離 (Glycerol, Methanol, Ethanol, Isopropanol, 1-Propanol, sec-Butyl alchol)

有機酸の分離(Fumaric acid, Citric acid, Malic acid, Succinic acid, Lactic acid, Formic acid, Acetic acid)

リバビリンの分析

Separation of Ribavirin in less than 6 min and well suited for QC

Carbomix Ca-NP5 (5 um, 架橋度 8 %)によるアップルジュース中の糖、アルコール(Sucrose, glucose, galactose, fructose, sorbitol)

エタノール製造ブロス中の主成分の分析(Stachylose, Maltotriose, Maltose, Glucose, Glycerol, Acetic acid, Methanol, Ethanol)

アップルークランベリージュース中の糖、アルコール(Maltose, Glucose, Galactose, Fructose, Glycerol, Sorbitol)

アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る