DNA Shearing システム DNA Shearing System

Covaris社(コバリス)の AFAテクノロジー を活用することで、バイアスフリーで高精度なDNAの断片化を実施することが可能です。また、超音波の出力や照射部位はPCにより制御されているため、再現性の良い断片化が可能です。

AFAテクノロジーを用いることで、5kbp以下のDNA断片を調整することが可能です。
長鎖DNA断片を作成するための「g - TUBE」 につきましてはコチラ をご覧ください。

また、AFAテクノロジーを用いることで、RNAの断片化も実施することが可能です。

Covaris 社 AFA テクノロジーを用いるメリット



“AFA”でより良い結果を

求めてみませんか?


AFAを用いることで、精度よく再現性の高い断片化を行えます。
さらに、バイアスフリーな処理により新しい発見があるかもしれません。

メリット1, 確実な断片化

結果がブレません

AFAテクノロジーでは超音波の出力と照射部位を精密に制御しています。そのため、サンプルの量と質に依存せず常に安定した断片化を実施することが可能です。上図は300bpのDNA断片を複数回調整した際の結果です。

メリット2, 濃度・配列・高次構造非依存的な断片化

バイアスフリーでアーティファクトが生じません

AFAでは、DNAの濃度や配列に依存せず、同一のメソッドにて安定した断片化を実施することが可能です(図1)。

酵素による化学的手法や一般的なソニケーターによる物理的手法では、GCリッチな領域のように切断しづらい部位や、逆に切断しやすい部位があるなど切れ方にバイアスが生じる可能性があります。
一方、高精度に超音波を照射することが可能なAFAでは、図2に示した通り、バイアスフリーな断片化を実施することが可能です。バイアスフリーな断片化により、幅広い領域の解析を行うことが可能となります。

メリット3, ロスが少なくコンタミネーションリスクがほとんど無い断片化

様々な試料を無駄なく断片化

AFAでは、15 uL ~ 2 mLの容量での断片化が可能です。 そのためサンプルの希釈を最小限に抑えることができます。 組織や培養細胞から抽出した試料はもちろん、シングルセル由来の貴重な試料も処理することが可能です。 また、チューブ内にて断片化処理がなされるためコンタミネーションのリスクがほとんどありません。

DNA Shearing 関連製品

Covaris AFA シリーズ

Covaris のAFAシリーズは、単一サンプル処理から多サンプル処理、また自動分注機とのインテグレーションまでカバーする、幅広いラインナップよりお選びいただけます。詳しくはこちら をご覧ください。

Covaris 消耗品

Covaris のAFAでは、超音波照射位置を固定するため専用のチューブとラックを使用します。 詳しくはこちら をご覧ください。

アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る