循環腫瘍細胞(CTC)濃縮回収システム (New) IsoFlux CTC System

Fluxion Biosciences社(フラクション バイオサイエンシズ)のIsoFlux CTC Systemは、ヒト末梢血7~10 mLから循環腫瘍細胞(CTC)を濃縮回収する装置です。
抗EpCAM抗体磁気ビーズとマイクロ流路カートリッジの組合せで効率よくCTCを回収します。回収したCTCは細胞数カウント、NGS解析、qPCR、デジタルPCR、細胞培養などに用いることが可能です。

※ 本装置とその消耗品キットは研究目的でのみ使用可能です

特徴

  • 肺がん、大腸がん、乳がん、前立腺がん、膵臓がん、腎臓がん、肝臓がん、膀胱がんなど、様々な固形腫瘍患者の末梢血からCTCが濃縮回収できます
  • EpCAMの発現量が低いCTCでもマイクロ流路カートリッジにより効率よく濃縮回収できます
  • EpCAMとEGFRの発現に基づきCTCを回収する消耗品キットや、上皮間葉転換(EMT)を起こしたCTCでも効率よく濃縮回収できる消耗品キットもあります



提供 Fluxion Biosciences

濃縮原理 / 操作概要

1. サンプル準備

EDTA採血管でヒト末梢血7~10 mLを採血したのち36時間以内にIsoFlux消耗品キットで処理してCTCに磁気ビーズを結合させます。このステップには50 mLのLeucosep管での遠心、細胞の遠心洗浄、Fcブロッキング、磁気ビーズ標識などの作業が含まれます。

2. ローディング

磁気ビーズ標識した細胞懸濁液をマイクロ流路カートリッジにセットし、タッチスクリーンを操作してIsoFluxをRUNします。IsoFluxは一度に4サンプルを処理することが可能です。


3. CTCの濃縮

マイクロ流路カートリッジ内を細胞が流れていきます。流路の途中にある広がりで細胞懸濁液の流速が遅くなり、磁気ビーズで標識されたCTCは効率よく上部の磁石(CellSpotキャップ)に吸着して濃縮されます


4. CTCの回収

磁気ビーズによる濃縮のあと、CellSpotキャップを取り出してマイクロチューブにセットします。このチューブを上下逆さまにすることでCTCを回収します。これでサンプルは解析の準備が整いました。

商品ラインナップ

品名 品番 説明
IsoFlux CTC System 950-0100 ヒト末梢血からCTCを濃縮回収する装置
CTC Enrichment Kit 910-0091 磁気ビーズ1種(EpCAM)でCTCを回収する最も基本的な消耗品キット
Enhanced CTC Kit 910-0108 磁気ビーズ2種(EpCAM, EGFR)でCTCを回収する消耗品キット
EMT Enrichment Kit 910-0106 磁気ビーズ4種(EpCAM, EGFR, Mesenchymal マーカーx2)でCTCを回収する消耗品キット
Rare Cell Kit, IgG 910-0092 任意の抗体でレア細胞を回収する消耗品キット
IsoFlux CTC NGS prep Kit 910-0104 IsoFluxで濃縮回収したCTCからDNA抽出した のちWGAするための消耗品キット(NGS解析用)

論文等

IsoFlux CTC Systemを用いてヒト末梢血からCTCを濃縮回収した論文の一部を表にしました。
IsoFluxはリキッドバイオプシーの研究分野で広く用いられています。

がん種類 ダウンストリーム解析 doi
乳がん CTC数カウント https://doi.org/10.31487/j.ACO.2020.01.01
食道がん CTC長期培養 https://doi.org/10.1038/s41598-019-57164-6
食道がん CTC数カウント https://doi.org/10.3748/wjg.v24.i7.810
前立腺がん デジタルPCR https://doi.org/10.3390/ijms17081264
前立腺がん RT-qPCR https://doi.org/10.3389/fonc.2020.594023
肝細胞がん CTC数カウント https://doi.org/10.3390/cancers13102476
大腸がん castPCR https://doi.org/10.20944/preprints201611.0105.v1
膀胱がん RT-PCR, NGS等 https://doi.org/10.1093/annonc/mdu326.67
卵巣がん CTC数カウント PMID: 31966837
肺がん RT-PCR https://doi.org/10.1158/1538-7445.AM2017-3721
肺がん DEPArray, NGS https://doi.org/10.1200/JCO.2018.36.15_suppl.e21176

このぺージの先頭へ戻る